ムダ毛の悩みについては一般的に女性が持つものと認識されやすいですが、近年では男性による悩みも明らかにされています。特にサマーシーズンなどでは行楽地やファッションコーディネートの中でひざ下を露出する機会が女性だけでは無く男性にも多い時期です。
またスポーツのユニフォームや練習着でもボトムの短いものが溢れています。
こうした中で、男性がひざ下の毛深さをケアしたいと思うことは至って普通の流れともされ、医療脱毛を求める人も少なくはありません。
ただし、医療脱毛を望む男性の多くが女性が望むレベルでの脱毛を期待してはおらず、ひざ下のムダ毛の量を減らすことを求めているようです。
ひざ下だけムダ毛が一切ない美しい肌になることは、脱毛処理を行ったと見る人に悟られることや不自然に思われるなどの憂慮があるようです
。医療脱毛では一般的に医療用レーザーが採用されており、ムダ毛の毛量をコントロールしながら施術することが可能です。
レーザー脱毛が一度では施術が終了しない特徴を利用して、施術を何度か重ねていくうちに希望のムダ毛の毛量や、見かけになった状態で終了すると言う方法が一般的です。
サロンでの光脱毛などでも可能ですが、ムダ毛に照射する光の出力が医療用レーザーよりも弱いので、効果を得るまでの施術回数が多くなることを考えれば、医療脱毛の方がコストパフォーマンスに優れていることが考えられます。